ペット

掃除をして気がついたこと。

最近暇さえあれば、

リビングや廊下・ペット部屋に掃除機をかけ、

雑巾を絞って床を拭いている。

玄関に靴は並べず、たたきも拭く。

風水によると、幸せは玄関から入ってくるからねnote

これまで年末の大掃除もめんどくさい・・と思っていたが、

実家に暮らしていて、

なぜこんなに汚れているのにほっておいたんやろうと思う。

部屋の汚さにまで目がいかないというか、

汚さを感じないほど感覚を麻痺させられたのではないかと思う。

我が家には毛の長い・もしくはよく抜ける住人が7人(匹)いるので、

掃除機をかけても次の日には

床に毛の束が落ちまくっている。

もちろん、掃除機をかけた後に雑巾で拭けば、

雑巾が毛だらけになる。

この毛だらけの雑巾をバケツで洗いながら

ふと気がついたflair

「うちの家の台所の水が流れにくいのは、

動物の毛が詰まっているからじゃないやろか?!?!」

ベランダに水を流すと、そのうち排水溝に毛がたまり、

たまりすぎると水が流れにくいので

毛の塊をつまんで捨てている。

犬をお風呂場で洗ったら、

排水溝にたまった毛の塊をごっそり捨てる。

しかし台所の排水講には、

邪魔だからという理由で水切りネットがなく、

細かいゴミ・毛は全て流れているのであろう。

それが年月を経て、奥のほうで毛の塊となり、

水の進路を阻んでいるのではないだろうか。

母は「この家にお金をかけるのはもったいないからイヤ」

と言うが、

排水溝の詰まりは運気の詰まりを表し、

悪い気が部屋の中にたまってしまう。

だから良くないことが起きるんとちゃうかな。

今まで数々の毛に関する不幸に遭ってきたが、

(服につく、顔につく、くしゃみがとまらない、毛玉を吐くためテーブルに置いていた本やノートが大惨事・・・などなど)

改めて動物を飼いすぎることに不安を覚えた。

~私の経験から得られた結果~

室内で猫を5匹放し飼いにし、犬を2匹ゲージで飼うと

電化製品に毛が詰まって壊れたり

食べ物に毛が混入されるだけではなく

排水溝までも詰まってしまう。

毎日掃除してくれる家政婦をやとったとしても、

この生活を続けていくのは非常に困難である。

~結論~

・住居を探す場合は、このような住人が周りにいないか

よく調べること。

・もしいた場合には、ただちに引っ越すこと。

・お金があるのならば、集合住宅には入らず、

戸建の家を買うこと。

・残念ながらそういう家に生まれ育った場合には、

早く独立して家を出て行くこと。

~このような家に住むメリット~

・どんなものに対しても慈しむ心が生まれる。

(他の方法でも慈悲を持つことは可能なので、あえてこちらを選択するのは過酷だと思うが・・・)

・ウイルスや細菌に感染して発生するような、大きな病気にはかからない。

(室内の雑菌のほうが強すぎて、病原菌ごときには負けない。)

・不衛生な国を旅しても、体調が壊れないのではないか。

(そのうちインドへ旅行して、実証してみようと思う。)

・近所付き合いがなくなる。

(ご近所関係に悩む人には超おすすめ!!)

かなりの忍耐力を養い、体の免疫力をあげ、

人間の生活をしたいというハングリー精神を培い、

自立・独立心を煽りまくってくれた我が生活環境に

敬意を表したいと思うhappy01heart02

決してテレビに出てくるゴミ屋敷を

笑える身分ではございませんー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)