育児

反抗期真っ只中☆

私ではありません、

華の女子高生cherryblossomshine、妹であります。

独裁者母に、真っ向から噛み付いていく姿はすごいsign03

うちにはできひんかったな~。

むかついても耐え忍ぶが基本でしたわ~。

今回のケンカの発端は、妹のいらない物整理から勃発impact

母が昔買ってあげたぬいぐるみや、

吹奏楽のマウスピース?を捨てようとして、

それらがゴミ袋に入っていたのを、

母に見つかったらしい。

詰めが甘いな~、

いらないなら、掃除した後すぐに

ちょっと離れたゴミ置き場に捨てにいかないと(笑)

母の怒る気持ちも分かるねぇ。

妹を思って買ってあげたものでしょうから。

しかし妹には、

吹奏楽をしていた頃にいい思い出がないようで

それを思い出させるマウスピースは見たくもないのだろう。

これに腹を立てた母が、

「もうあいつには何にもしたらへん!!」と激怒する。

何か腹の立つことがあったら、あれもこれもせぇへん。

すごいな~

50歳にしてなお、子どもと同じレベルでケンカできんのがすごいshine

去年働いていた職場で、

某ババちゃんが、女生徒Aに

「お前おもんないねん!!」と言われ、

「じゃあお前おもろいことやってみろやー」と言い返した

低レベルな争いに酷似している。

どっちもどっちやけど、お互いに学習能力がないなぁdown

心の中で爆笑してしもたわ(笑)

母と勇ましくケンカをしたはよいが、

家計のヒモを握っているのは母であり、

そのご機嫌を伺わないと

修学旅行の準備すらままならない。

しかしお姉ちゃんはもうすぐいなくなってしまう。

急に不安になった妹に、泣きつかれましたweep

「ダイジョブやって~、何とかなるって~」と慰めつつ、

そう、ここがあなたの試練の始まりなんや

しんどいんやけどな~、これを乗り越えられないと

社会に出てからもっと苦労することになるんよねぇ~

と思いつつ、

子どもである私たちが通る道は同じなんやなと

再確認した。

だってね、世の中には母以上に異常な人たちがたくさんいて、

訳の分からんことで文句を言われたり、

皆と同じラインからはみ出るといじめられちゃうんやもん。

でも集団の中で生活をする限り、

どうしても起こってしまうことやから、

問題をどう克服していくかを考えるのが

大切よねshine

むちゃくちゃな母やけど、

少し離れて生活をすると、

母のありがたみが分かったり、

母自身も自分の身勝手さに少し気がついてくれたりするのよdash

母の扱い方マニュアルを

10代で理解するのは非常に難しい。

私も大学を卒業する手前あたりで、

なんとなく分かってきたしなぁ。

理不尽な怒りを買ったときも、

「母は心の病気だから仕方がない。この性格はなおらないし、

うまく付き合っていくしかない。」

というあきらめが肝心なのである。

私が脱出した後は妹のみとなってしまうが、

次女(高校の時に家出)→長女(もうすぐ結婚のため)の流れを

彼女で止められるのだろうか?!

早かれ遅かれ、辿る道筋は同じですな。

このことに母が気づくと

それはそれでかわいそうなので、

デリケートな問題であります。

とりあえず母には、休職していただいて、

ものを言わないペットたちに癒されていただきたいと

思いますshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)